main-ayu diary

ツアー今年も参戦しますよー
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 短いなぁーつが、始まぁってーゆくー | main |

【ネタバレ有】横浜アリーナレポ(概要)【5/15】

はい。


えっと…1年近く(正確には11カ月)ここ放置してたんですけど…


覚えていますか??

そもそも見てくれてる人いるのかって話なんですけど(^ω^)



お久しぶりです。

PCから見たとき横に表示されるtwitterに明らかなように、生きてますよw
twitterでは毎日何かしら呟いてます。
昨年4月でしたっけ、浜崎さんがtwitter始めたのとほぼ同時に始めて、
それからしばらくはこちらもぼちぼーち更新してたんですけれども。

ね。

人間、手軽な方に流れるんですよ、ええ(^ω^)


一番の近況はtwitter見ていただくのが一番なんですが、一応こちらにも書くと

・無事大学4年生になりました、単位も卒論以外はほぼ取り終わってます
・就活中、しかしまだ「ない内定」orz
・震災の被災レベルは部屋がちょっとグチャグチャになった+当日帰れなかったくらいです
・昨夏〜冬にかけて太った分を現在いい感じに戻しました
・卒論のテーマに迷う
・Power of MUSICツアーには現在横浜2日目のみ参戦しました
・ろけろ7daysDVD、リミックスなどは今のところまだ購入していません

くらいかな?
一応twitterのアカウント貼り付けておきますね。
http://twitter.com/#!/roufa_h1


ちなみにツアーレポ全然上げてませんが、ろけろツアーもa-nation'10も7daysも
CDL10-11もそれぞれ1〜複数公演参戦しました。
TVも以前のようにCM確保に躍起になったりはしてませんがw、
浜崎さん本人の出演などは録画したりしてます。
雑誌の購入頻度は落ちました。ファッション雑誌は立ち読みです。
BOOKOFFで見かけてもあまり買いません。
ただし昔の音楽雑誌は発見次第ほぼ全員拘束、身代金と引き換えにお持ち帰りしてます(ぇ

あ、長年探してたROCKIN'on JAPANの2001年4月号は先日ゲットしました(・∀・)
それとCDL02-03の入ったコンプリートDVD-BOXも。
いやー長かったね。凍えそうで目を閉じかけてたね。


あと今現在見ていて下さるか分かりませんが…
ケロ太さん http://a-everbloom.jugem.jp/?eid=478
しゅんさん http://a-everbloom.jugem.jp/?eid=299
それぞれ1年近く遅れですがコメント返信しました。


さて以下久しぶりにライブレポです。
ネタバレなのでご注意を!!



この日は行く途中の某K駅で降りて個人の洋食屋さんでパスタを食べました。
それで15時前くらいかな?に会場へ。



会場すぐ近くの歩道橋上より。

人・人・人・人!!(あ、ゲシュタルト崩壊した…おっ●い3つ並んでるように見える…爆


でセトリはこちら(他サイトから引っ張ってきたので違ったらすみません)。

01.forgiveness
(02.key)
(03.LOVE)
(04.YOU)
05.blossom
06.BLUE BIRD
07.monochrome
08.fairyland
09.A Song for xx
10.M
11.NEVER EVER
12.walking proud
13.part of Me
14.Moments
15.vogue
16.Far away
17.SEASONS
18.Bold & Delicious
19.Mirrorcle World
20.UNITE!
21.evolution
22.Born To Be...
23.A Song is born

()付は本来のセットリストにはないものです。
keyとLOVEは演奏有でしたがその場の浜崎さんの思いつき、
YOUは浜崎さんとペコプリの3人でのアカペラ。

各曲について細かく書きたいところですが、メモを取ってないので、
今回は全体的なことのみ書きます。

●衣装
浜崎さん、ダンサーズともシンプル。衣装替えはほぼなし。
浜崎さんはクリーム色がかった白っぽいヒラヒラした衣装に白いブーツ。
最初〜中盤までは膝ぐらいまであるマント?上着?みたいなのを付けています。
途中でそれ脱ぎます。これが今回の唯一の衣装替え(と言えるのかも微妙ですが)。
ダンサーズは白い柄ナシの動きやすい服装で、これも衣装替えなし。
バンドメンバーとコーラスの2人はどうだったかな?ちょっと覚えてない。。。

●音楽
いつものバンド(ギター・ベース・ドラム・キーボード)に加えて弦楽器と管楽器がプラス。
今までのライブでも弦楽器が登場することはありましたが、いつも特定の曲のみでした。
今回は弦楽器と管楽器の方は初めから最後までステージにいて、全曲参加です。
なので今回のライブはCD音源とは全く異なるアレンジになっている曲が多いですね。
ジャズ風味だったりラテン風味だったりバラード調だったり…
むしろそのままの曲の方が断然少ないかな。

弦楽器の方は詳しくないので楽器の種類はよく分かりませんが、
管楽器はサックス(アルト・ソプラノ)、トランペット、トロンボーン、フルートがいたはず。
管楽器はそれぞれソロがあります(トロンボーンはなかったかも)。

個人的には昔吹奏楽をやっていただけあって、このアレンジは大歓迎です\(^O^)/

●ステージ構成
センターステージ+アリーナ後方に向かって花道。バックステージはなし。
ステージは中央から外側に向かって3重丸(多分)に分かれていて、
それぞれがポップアップしたり回ったり。
ステージ上には前後左右(おそらく)に四角のスクリーンがついていて、
そこにステージ上の様子が映ります。
曲と曲の合間に、時々「Joy」「Sorrow」などのテーマ?が表示されたりも。
ろけろやCDL10‐11であった、円形カーテンのようなスクリーンはありません。

●演出
シンプルです。
普段のツアーにあるような、衣装替えを繋ぐスクリーン映像もありません。
火薬の爆発も、噴水もありません。
派手なトリック(浜崎さん瞬間移動など)もありません。
照明も、そんなに気になるほどではなかったですが、やや控えめかも。
サインボール投げもありません。ラストのテープ飛ばしはありました。
花道にも終盤の数曲を除いて来ないです。
ダンサーズも普段のツアーに比べて出番少なめです。
浜崎さんとの芝居がかった絡みもありません。
ろけろで言うsexy little thingsのような、面白おかしいコメディタッチの演出もありません。
ダンサーズの持ち道具も、凝ったものはありません。
とにかく、シンプル。

●ボーカル
初日迎える数日前に、浜崎さん自らボイトレしていることを明かしていましたが。

ボイトレ効果てきめんですよ!!!!!
(どうでもいいですけど「てきめん」って「覿面」って書くんですね。難しい字だ)

08年から浜崎さんのライブにはツアー、エーネ、CDLと毎年参加してきましたが、
正直言いますと、ボーカルに期待はしてなかったんですよね(爆
気持ちの込め具合とか、そういう面ではなく、技術的な面で。

特別浜崎さんファンではない友達を、今までに3人、そのうち2人は複数回誘って行ってるんですが、
毎回毎回、「どう思うかなー」って不安だったんです。
2daysのうちの2日目ならおっさん声になってる可能性は高いし、
そうでなくても音を外したり伸びなかったり。
私のように1つのツアーに何回も行くようなファンならともかく、
「その日1回きり」の人にとってみれば、例えその日がたまたま不調だったとしても、
それが浜崎さんそのもののイメージ・評価の全てになってしまうので。
ただでさえチケットは高いし、歌イマイチだったなって後悔されてたら…と。

基本的には友達なしの1人参戦が圧倒的に多いんですが、それでも毎回不安。
音を外すたびに楽器との和音が狂うから「うわわー」ってなるし。
高いところは出なかったりね。

でも、その不安が今回、ない!!!!

確かに開演直後までは、「どうなのかなー言われてる通り改善されてるのかなー」とか
「想像より改善されてなかったら(私の中で期待しすぎてたら)どうしよう」っていう、
いい意味での不安というかドキドキはありました。

それも2曲目に入る前には消えて、というか安心に変わってました。

それから先は全くボーカルにハラハラすることなく、安心して聴けました。
2日目でしたが声枯れもせず、高音の伸びもよく、安定していて。

「ボーカルに不安を抱かずに聴けるとこんなにライブって楽しいんだな」
って思いました。すっごく失礼ですけど(^^;

演出も衣装も、前述した通り凄くシンプルですが、そんなの気にならないくらいでした。
その分を補って余りあるくらいのボーカルの調子でしたので。


…もっとぶっちゃけていいですか?


今回、「浜崎あゆみにも『聴かせるライブ』が出来るんだ」って思いました。

歌手の魅力はボーカルの技術的な上手さだけではないことは重々承知の上で言いますが、
浜崎さんは技術的な上手さはあんまり…だと思ってきて。

「(技術的な面で)聴かせる」のが難しいから、演出やセット、
衣装を年々派手に派手にして、「見せる」ライブにしてるんだなーと
個人的にはずっと考えてきたわけです。

年々、ダンサーズやコーラスが目立つようになっていた。
年々、演出や衣装やステージセットが派手になっていた。
年々、ライブにおける「浜崎あゆみ」と「浜崎あゆみのボーカル」の重みが軽くなっていく。

私は浜崎あゆみに会いたくて、聴きたくて来ているのに、
派手な演出で(言葉は悪いですが)誤魔化されているような気分になってた。
去年のろけろツアーも、7daysの頃には落ち着いてましたが、
初日あたりはモヤモヤ感半端なくて。
コーラスとゴーミさんで長い時間オンステージやっちゃうし。

だから今年のツアーも、当初は3日間分しかチケット取らなかった。
横浜までなんか行く気サラサラなかった。
09年には関東9公演全部行ったのに、です。


一度、派手な演出に頼らない、「浜崎あゆみ」一本で勝負した
シンプルなライブが見たいとずっと思ってた。
でも出来ないんだろうなとも思ってた。
ボーカルがああだったし。

でも今回、震災がきっかけという形ではあったけど、
ずっと見たいと思っていた形のライブが見られてとても嬉しかった。
この形でやり切った、「聴かせるライブ」が出来た浜崎さんを見て、
まだまだ可能性があるな、楽しみだなと思った次第です。
上から目線で本当申し訳ないですがw

出来れば今後も、CDLだけとか2年に1度とかでいいので、
こういう「聴かせるライブ」をやって欲しいと思います。切実にw



各曲の細かい感想はまた改めて。
ayu ライブ | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする